2011年06月28日

新しい国政の形?

opb0628.jpg産経ニュース (2011年6月28日)

左の記事は、一旦は私も同感でした。。。が、
ふと思い付いて、「首相公選制」にした場合を思い描いてみました。

首長が、ワンマンの場合どうなるか?
宮崎県の東国原氏、阿久根市の竹原氏や大阪府の橋下氏は、そうした首長に近いですね。
その場合、首長と議会の協調・対立で、物事が進められて来たようですが。

氏のやり方]
地方政治では、既に行われている「首長公選制?」で選出された首長の振る舞いを、真似したのではないですか?
それの悪い方(?)のパターン、“ワンマン式”をやっているようですが、従来の2〜3大政党政治とは違った、(新しい)国政の進め方かもしれませんね!

[閣僚人材の一本釣り]
確かに、従来方式の政党内での人選は、党運営に功績があったとかで碌でも無い人物を、役職に就けないと、後々面倒らしいのですが、今回のように首相が“自分の政策実行に必要な人材”を、何処からでも調達出来るってのは、一つの(新しい)やり方でしょう。
政党内・間のごちゃごちゃした駆け引きを無視してやれば、ヘンな“しがらみ”も省けるでしょうし、「実力閣僚制」の雛型になるかも!

[人物の資質・器量の話]
でもねぇ...それを行う首相本人の資質・器量が、国政を行うのに不十分な場合は、悲劇かな?
亀井氏を副首相/副総理に招くという考え方も、手法としては良いと思うが、氏の器量と亀井氏の党派思想頭では、所詮無理だったのでしょうね。
私案では、片山善博氏を首相にして、副首相(扱い)を小沢氏と大島氏を考えているのですが、問題は大島氏の度量・器量がどうかな?というところ。

[マスコミ/マスメディアの役割]
そうした“やり方”、「人選方法」を非難する前に、その人材が本当に「適材」なのかどうかを、我々庶民・市民が判断出来るような評価材料・情報を提供して欲しいですね。
それと、こうした国政のあり方について、もっと色々な議論が巻き起こるよう、“扇動”をお願いしたい!

氏は功績者かも]
私は、ここまで頑張って引き摺って来た氏のやり方は、国政が“政党政治”から“次のステップ”へ移行出来れば、ある意味で功績かもしれないと思い始めました。

[変化をチャンスとして]
我ら庶民・市民も、何でも彼でも「変化」を否定・非難するだけではなくて、企業人がよく言うように、“これは「チャンス」なのだ!”と考えてはどうでしょう?
そして、次のより良い国政方式に変えて行く良い機会かも!

posted by 亭主 at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
最近の政治動向を見ると、10年前の構造改革を思い出しますが、喜ばしい事に日本の民主主義が進歩した様で、今後より良い社会が生まれる可能性が高くなってきました。

10年前の反省ではないのですが、議員内閣制の仕組みでは、いくら政治主導と言っても、議員内閣制の仕組みの枠を超える事は極めて困難なのです。
それに換わる制度を作るにはさらなる時間が掛かるでしょうが、やっていかなくてはなりません。

今回の内閣不信任案は私の観として、主権は誰に在るのかを、大きく意識させられました。
まあ方便として、東北の被災地での選挙の実施が困難だと言われる方々が多いのですが、選挙やれば良いのですよ、手法、技法から言えば、選挙活動を長くするなり、精神論から言えば、政治に己の理念、信条を託すなら、這ってでも投票に行くでしょう。

最後に、あおってみましょう、どうですこれが日本の底力です。

http://www.boston.com/bigpicture/2011/06/japan_three_months_after_the_q.html

日本の将来が幸多きものになるよう祈ります。
Posted by 翁長武一 at 2011年06月28日 00:55
コメント、感謝!
(タイトルを、途中で変えちゃってご免なさい!)

やっぱり、皆さんが「這ってでも行かれる」ってのが大事なことなのでしょうね。
私も、一票しか無いけど、一票はちゃんと使いたいぞ!と思っています。
Posted by 亭主 at 2011年06月28日 22:25
どうもありがとう。

簡単に書きますが、現在の国会におけるねじれ現象は、国民が意識しているのか、無意識にしているのか、自分には判断がつかないのですが、政治が暴走するのを防いでいると思います。

まあ大統領制も考えられますが、今後の宿題にしましょう。
日本の政治制度、独裁的な政治を生みにくい点では素晴しいと思いますが、いかがでしょう。

Posted by 翁長武一 at 2011年06月29日 01:40
日本でも、あまり強烈ではないですけど、“独裁的な政治”って、時々出現したように思います。
先の田中角栄氏や小泉純一郎氏の時などは、かなりそれに近かったのではないかと。
トップに“集団催眠能力”があれば、可能かも。(笑)

うーん、大統領制だと、天皇陛下の存在意義が薄れそうだから、反対も多いのでは?
私も、あまり気乗りがしません。首相止まりでどうでしょうか?
Posted by 亭主 at 2011年06月29日 07:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46397237

この記事へのトラックバック