2016年11月11日

国政への反逆罪!

毎日新聞 (2016年11月11日)毎日新聞 (2016年11月11日)

日本国・沖縄の民主主義って、こんな「越権行為」や「税金の無駄遣い公私混同」まで許すなんて、ズルズル・ルーズなんだねぇ。(呆れた!)

翁長氏は、一体自分を何様だと思っているのかね?
基地反対という大義名分だったら、一国の外交問題にまで口を出せると思ってんだろうか?
まるで、聞き分けの無い悪ガキと同じだ!

前のオバマ政権では、無駄金を使って氏が訪米しても、ケンモホロロの扱いをされたことで、思い知ったはずなのに!
だが、それにも懲りず、また、「県民の税金」か私達「国民の税金」かを無駄遣いしながら、今回も同じ愚かな振る舞いをしているわけだ。

おバカな翁長氏やそのシンパに教えて進ぜよう!
トランプ氏は、私達一般人が表面だけを見て誤解しているほど、バカや幼稚ではないぞ。
むしろ、現実を良く見ていて、どういった話し方をすれば、大統領選に勝てるか?を考えながら発言して来ているのだ。
彼が、自国民(の票)を引き寄せるために、日本などをターゲットにした攻撃口調で喋っていたのは、“日本なら少々悪口を云っても、直ぐに怒って来はすまい。後で、何とでも云って、信頼回復は出来る!”と読んでいたわけだ。
(まぁ、その通りなんだが。苦笑)

そうしたトランプ氏の戦略・戦術を、深読み出来ずに、翁長氏は、(オッチョコチョイにも、)上辺だけの“米軍基地撤収話”を真に受けて、彼は“日本国や日本政府の敵”だと解釈したらしい。
それで、“トランプ氏は、敵の敵は味方だ!”つまり仲間だ、ということにして、エールを贈ったわけだ。
哀れにも、鼻であしらわれているとも知らずにだ。

当然ながら、米国大統領への祝電なんて、翁長氏個人の私費でやったんだろうな?!
もし公費だったら、それこそ公私混同で、舛添元東京都知事のように、責められるんだぜ!
そして何時までも知事職には留まって居られないぞ!

日本の国会議員達は、翁長氏の国政に対する越権行為か、公私混同をネタに、国会で審議事項として挙げよ!
国政に対する反逆をうかうかと許しては、日本国の民主主義は、崩壊してしまうぞ!

我楽多苑別亭トップ]へ

posted by 亭主 at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177627132

この記事へのトラックバック