2016年10月21日

朝日記者は、幼稚?

朝日新聞 (2016年10月21日)朝日新聞 (2016年10月21日)

この朝日新聞の記事を読んで、朝っぱらから甚だ気分が悪い!(苦笑)
記事曰く、
...「ぼけ、土人が」。沖縄県東村(ひがしそん)高江の米軍ヘリパッド建設現場で、抗議活動中市民に機動隊員が投げつけた発言に、批判が高まっている。発言の背景に沖縄に対する本土側の差別意識を指摘する声もある。

[暴力的抗議行為は犯罪だ!]
私達の政府が(過去沖縄県とで)取り決めた米軍ヘリパッド建設を進める事に対して、反対派連中の暴力的な“市民(?)の抗議運動(?)”を、さも“正しい抗議活動”であるかの如くに、書き始める神経ってのが、私達一般読者には、理解出来ない!
民主主義国家で、反対運動だからって、違法すれすれの暴力的行動が許されていいものなのか?

...聞くところによると、反対派の活動家/屋連中は、フェンスは壊すし、ガードマン達(=防人:機動隊員)に向かって(個人攻撃を含む)暴言を吐くわで、並みの人間なら傍へ行くことすら出来ないらしいが、それが“正しい抗議活動”ってもんかね?(違うだろ!)

...それに、「本土側の差別意識」って“誰の意識”かね?
私達普通人は、そんなの知らないよ。...被害妄想か?それとも、意識捏造か?
それは、単に朝日新聞の記者・編集者達や沖縄の一部の連中の思い込みだろ!

因みに、私達一般読者は、“本土人”だが、その言葉で、どんな“差別意識”を持てば良いのか、分からないが。(苦笑)
出来れば、朝日記者達か、その“指摘する声”の主かに、どうすればそんな意識が持てるかを教わりたいもんだがねぇ。(笑)
単なる思い込みで、そんな想像・捏造内容の新聞記事を書くなんて、やはり朝日新聞の記者・編集者達らしいや。(嘲笑)

[小説家は話を作る]
それから、記事曰く、
...沖縄在住の芥川賞作家目取真俊(めどるましゅん)さん(56)が、当時の様子をビデオで撮影していた。
現場は資材搬入用ゲートのそば。フェンスをよじ登ろうとした反対派と機動隊が言い争うなかで機動隊員が叫んだという。「どこつかんどるんじゃ、ぼけ、土人が」。目取真さんは「権力を持った警察の中に差別意識が蔓延(まんえん)しているのだとしたら怖い」と話す。


差別意識が蔓延”(?)なんて、私達一般読者は、この目取真氏の解釈の仕方がよく分からない、というか(誇張や作り話が上手い)小説家の“単なる創作・妄想”ではないのか?と思えるがねぇ。
警察に中に、暴力行為は犯罪だ!と言う意識が浸透しているなら、そりゃ“蔓延”とは言わんがな!
一方の“フェンスを攀じ登る反対派暴漢”には、拍手喝采かね?...で、“彼らの間に、暴力革命思想が蔓延しているとすれば、怖い!”?(苦笑)
悪戯坊主じゃあるまいし、大の大人がそんな(フェンスに攀じ登るような)幼稚な行動は、軽蔑非難にしか値しないと思うがねぇ!
...何の“正義さ”も、“賢明さ”も無いもんな!(バカと一緒だ!)

それなのに、この文士さんは、「...土人が」と言う言葉尻だけで、「権力を持った警察の中に差別意識が蔓延している...のだとしたら怖い」と言うのかね?
暴力沙汰は怖くないけど、言葉尻は怖い?そんな風に話を捻じ曲げられるって、やはり小説家だなぁ!(大笑)
それを朝日記者達は、さも、“報道の真実”であるかのごとく活字にして、(お抱え)読者に配布するわけか。
(そりゃ、朝日新聞が斜陽になるわけだ!)

[労組の暇人]
この記事には、珍しく視野を広げた項目・行がある。
曰く、
...ヘリパッドに反対する住民らはゲート前で連日座り込みを続ける。県内の教職員OBら労働組合の関係者が多いという。

まず、先に、この行を書いた記者を褒めたい!取材対象を広げた点は、良い!

次に、私達一般読者は、これを見て、「あー、例によって教職員組合か!労組か!。。。」と軽蔑のまなざしを向けるわけだ。
今の日本国では、彼らは、昔の無為徒食の下っ端ヤクザみたいなもんで、日中は部屋でごろごろしていて、喧嘩の時にだけ飛び出してくる連中と変わりないもんな。
彼らの仕事は、現社会の破壊活動だけが主で、何等、社会に貢献するような建設的な仕事はしていないらしいし。
だから、そうした連中は、正義の抗議活動だ(?)とかいって、日がな一日、道路に座り込んで居るのが習性になっているんだろうが、今の私達の日本社会では、迷惑極まりない存在になっているのだ。

[言葉尻を捕らえる?]
近頃は、言葉尻を捕まえて、それを非難することが流行って来ているが、その言葉を深読みするでもなく、単に上部だけで片付けようとする風潮が強くなって来ているようだ。(浅墓!)
まぁ、それを良い悪いと批評・非難しても、どうしようも無いのだが。

[幼稚さは損だ!]
...しかし、これからの日本人は、少なくとも、幼稚な頭のままでは損だ!って事に気が付かないと!
もっと色々なことを知って、考えて、それでどう適切に行動するかを決められなければ、やがては日本国や日本人の大半は、欧米人やシナ・中国人に押し潰されて、抹殺されてしまうってことだ!
勿論、日本の美味しい部位だけ(例えば、科学者・技術者・発明家や職人達や気鋭の芸術家、芸能人達)は、上手にちやほやされ、使われ、吸収されるだろうけどさ。
(私達一般の残りカスは、単に棄てられるだけ)
そうしたことを、皆がちゃんと知っておくべきではないかな?

単純に、基地反対!米軍出て行け!シナ・中国歓迎!だけで、沖縄皆の平和や日本人皆の平和が得られるとか、それが“皆の幸せ”だと、思い込んでいるわけにはいかんと思うぜ!
米国も、日本が利用出来そうになければ、さっさと棄ててしまうつもり/気なんだからさ!
朝日新聞の記者・編集者達も、そろそろ、そうした世界の「現実」に目覚めてはどうかね?

我楽多苑別亭トップ]へ

posted by 亭主 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177337022

この記事へのトラックバック