2016年10月04日

日本国の防衛を大所高所から考えよ!

毎日新聞(2016年10月4日)毎日新聞 (2016年10月4日)

まぁ、民進党が稲田防衛相を攻めるのは構わないが、防衛問題だけに絞れよ!

[野党質問者に直言する]
だが、質問の仕方は、国会議員達全員に、“日本の置かれている現状”を十分認識させるようにしなさい!

その上で、これまでの日本国の危機の上昇度やこれから先に見込みと対策について、といった点や、日本国の防衛を担当する防衛相にはどんな資質が必要なのか?稲田氏にその資質があるのか?といった点に、質問を絞れ!

何なら、民進党から(真の)適材が出せるかどうか、検討してみなさい。
そして、それを提案してみなさい。
多分、不可能に近いだろうが、そう努力してみることを、お勧めするよ!
但し、口だけが達者でも、自分自身では何も出来ない(他力本願な)人間を、間違えて選んではいけないぜ!

一番大事なのは、何があってもきっちりと私達の日本国を守り抜く気力・勇気のある人物でないと、防衛相などになって貰っては困るんだ!
その上で、日本国首相と相談(日本式な論議)をしながら、刻々と変わって行く世界情勢に対して、どうすれば(短・中・長期的で、)総合的・戦略的な「日本国の防衛」が出来るか?その施策は何か?を決めて行って貰わねばいけないんだぞ。

私達日本国民皆の保護を託されているのだから、国会では、そうした論議をしなさい!
(社会・共産主義者達の云う世界平和や世界市民などは、今はどうでも良い!先ず、日本国の防衛なのだ!)
防衛相の“過去の発言”や“枝葉末節の事柄”で、国会予算委員会の審議時間を無駄に潰すな!
世の中(世界)は、時々刻々変化して来ているのだ。何時までも、“国内向け”に後ろばかり向いていると、前から来ている敵にぶち倒されるぜ!

私達日本庶民・市民が聞きたいのは、野党の揚げ足取り質問などではない!
知りたいのは、これから先のシナ・中国による(悪意ある)“日本国の国土や資源の乗っ取り”をどうやって排除し、日本の平和、世界の平和を維持して行く策は何か?ってことだ!
与野党の国会議員達は、そうしたハイレベルな論議や審議を持ち掛けなさい!

我楽多苑別亭トップ]へ

posted by 亭主 at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177130554

この記事へのトラックバック