2017年03月13日

毎日新聞記者達は阿呆の集合か?

oph03131.jpg毎日新聞 (2017年3月13日)

昨今の日本のマスコミの一部は、自分達の知性調査・探究心を投げ捨てて、自分達の愚かさ加減を、恥ずかしげも無く曝け出し、大声で奇声を発しているようだが、毎日新聞の記者達は、(きつい言い方だが)日本人として、“恥”を知りなさい!“廉恥心”を持ちなさい!て言われたコト無いの?

自分達の“馬鹿さ・愚かさ”で、私達日本国民全員を、“愚かな方”へ押し流したいと思っているらしいが、そんなことは早く止めた方がいい!

森友学園」の問題は、一部には国の行政の関わっていたとしても、主管は、地方行政の問題なんだよ。
なのに、わざわざ、(私達の)日本国政府が、説明をしろだって?はぁ?
...あんた達も、筋違いなのは、分かってんだろ!?
...どして?...もしかして、分からない?分かりたくない?
そんなのは、あんた達・新聞記者達が怠慢だからでしょ!あんた達地域のマスコミが、ちゃんと連中に説明してあげれば済む話でしょ♪そうじゃな〜い?(と、尾木ママ風に...ま、彼女も能天気だけど。嘲笑)

遠くから、マイクやカメラを持って大勢で押し掛けて行って、皆と同じ話を拾って来て、好き勝手に解釈してるのが、日常の仕事になっているんではないのかな?
(私達一般読者は、そんなの素人でも出来る仕事だし、給料の貰い過ぎ/給料泥棒では?と思ってるんだけどなぁ。苦笑)

こんな「世論調査」をする前に、毎日新聞の記者達が、一人の人間として自分の足や頭で取材をして来て、実情や対処状況などを、自分達自身の声/筆で、(分からない!って云う愚かな)連中に、ちゃと説明してやれば済むことなんだぜ!
なのに、なぜ、愚者たちと一緒になって、“ボクちゃんたちも、分からないのよ!アタシにもおせーて!”とパソコン画面を眺めながら、騒いでるの?
こうした調査も、何の苦労も/(記者としての)何の本来の仕事もせずに集められるし!...ラクチンラクチン!だから、そうした方へ気楽に流されるのは、まぁ、分からんでもないがね。

[公平な見方]
私達一般庶民・市民から見れば、「森友学園」の話には、大した疑惑も無いし、単なる「“リスクの大きな賭け”に挑んだ企業家のミスと失敗」に過ぎない。

それが、「学園や政府への疑惑」だとか、「教育勅語は...悪いもの」だとか、に無理矢理結び付けて、話題沸騰で、ダ・マスコミが喜ぶこと喜ぶこと!
自分達(ダ・マスコミ)の仕事もせずに、疑惑だ疑惑だ!って書いてれば、紙面は埋められるもんな!(嘲笑)

[今の時代]
昨今は、愚者・劣者でも、大〜きな顔が出来る時代だし、むしろ、それが褒め称えられる嫌〜な時代だ。
その証拠に、“分からな〜い!疑惑だ〜!政府はxxxを説明せよ!△△には説明責任がある!”てなコトを、云ったり、書いたりすれば、銭や成果?になる時代だもんな。それに何でも“政府”を持ち出せば、重み付けも出来ようぞって?(カホカ!)
(私達一般庶民・市民から言わせれば、『そんなの、自分で調べたり、考えたりしてみろよ!』って、怒鳴りたい気分だ。苦笑)

私達働く一般庶民・市民は、自分自身の身体や頭を使って、物事を何とか(ミスを減らしながら)成し遂げようとしたり、少しでも前進させようとすれば、最初からパーフェクトなんて無理な話だってことは、現実に学んで来て良く知ってるぜ!
だけど、そのミスをつついて、その糞を“おのれの成果”にしようとする浅ましい輩(やから)も増えて来たからなぁ。(今、東京都でもやってるし、さ!)

毎日新聞の記者達に]
(自分に向かってつばを吐きかける)愚かな連中”に向けては何を言っても無駄だから、少しは知性(智恵)矜持を持っているかもしれない毎日新聞の記者達に言おう/書こう。
朝日新聞の記者連中は、もう救いようがないが)
物事を考えたり、調べたりしないで、誰かの云う事をオーム返しにしか口にしない/出来ない“愚かな連中”に、何時までも寄り添っていると、いずれは失敗するよ!...それは、自分達の首を絞めているに等しいからだ。

長い眼で見ていると、“適者生存の原理”から、次第に離れて行く(愚かな?)生物に見える。
強い生物は更に強くなる中で、弱くて愚かな生物は、自分達の「種の保存」すら出来なくなる。
今、米国は混成種として、必死に生延びようとしてトランプ氏らを選出しているが、あんなのも、お手本として見るべきだ。
また、韓国なんて、せっせと自分達の墓穴を掘って喜んでいるようだが、彼らが自滅するのを横目で見て居て、格好の反面教師だとは思わないかね?
行き過ぎた“大衆迎合”の姿勢ってのは、一時しのぎの夢と同じなんだぞ!

我楽多苑別亭トップ]へ

posted by 亭主 at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記