2016年09月30日

内なる敵にやられるようじゃあ...

産経ニだったら、ュース (2016年9月30日)産経ニュース (2016年9月30日)

おやまぁ、情け無いねぇ!
防衛大臣ともあろう人物が、“涙”を武器にしようなどとは!呆れた!
敵に対しては、心を鬼にしてでも、自分の方が正しいのだ!と怒鳴り返すくらいの気概がないと、とても日本国の防衛など任せられないぞ!
外国人は、自己憐憫などを極度に軽蔑するし、そういう相手は摘み取るのに“格好の獲物”だと見るはずだ。

稲田氏は、“自己反省”や“自分への悔しさ”などで、相手に負けてしまうような“無気力さ”は、「防衛という任務遂行」には有害だ!...クソの役に立たないってことぐらい弁えよ!
お涙頂戴姿勢で、敵・相手がやっつけられるなどと思うな!...それは、へなちょこ外務省の発想だ!
自国の防衛という任務」は、武官(身体を張るか)とか文官(口先で相手とやりあうか)とかいう棲み分けなどは無いと思え!
自国が、あっさり敵に後姿を見せたら、余程の策が無い限り、撃たれてお陀仏になるだけだぜ。
やられるのは、「日本国自身」なんだぞ!

稲田氏には、本当に「日本国の防衛の任務」を背負っている|自分自身が日本国の防波堤なんだという意識はあるのかね?
もしかして、役目上で明文化された仕事だけで済まそうってことなの?

「防衛」ってのは、単なる理屈ではないんだぜ!
生身の人間(私達国民)や生活、土地を、身体を張ってきちっと守るってことだ!

国内の敵性勢力に攻め/責められたからって、言葉に詰って涙を見せるような「弱気」では、私達一般庶民・市民は安心して、私達の国の防衛を任せる気にはなれない!
(もしかして、安倍首相は人選を誤ったのではないか?)

[敵性勢力は]
今回の辻元清美氏は、稲田朋美防衛相の「リトマス試験紙」として、ある意味で役に立ってくれたと思う。
(腹は立つが、“内なる敵”の役をちゃんとやってくれているからだ)

しかし、世界にはもっと強(したた)かな連中が、うようよ居るのだ。
表面は、紳士ぶっているかもしれないが、いざ敵・相手と対峙したら、彼女(辻元氏)のような生温い攻撃程度では済ましてくれないだろうよ。
敵が、10人ほどの人質を取って、“彼らと交換に、日本全土を引き渡せ!”と迫ってきたら、稲田氏なら、涙ながらに「日本国」を明け渡すに違いない。...“心の問題よ”と云いながらだ。

もし、私達一般庶民・市民が一兵卒だったら、敵に負け、自分にも負けて涙を見せるような、そんな上官の命令なんて、聞きたくもないね!
だから、稲田氏は、防衛大臣の器ではない!

安倍首相は、もう一度、日本国の防衛やその人材に関して/対して、しっかり考え直して欲しい!

我楽多苑別亭トップ]へ

posted by 亭主 at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月15日

釈明だけで済む政党とは?

毎日新聞 (2016年9月15日)毎日新聞 (2016年9月15日)

“民進党という徒党”は、質や頭の悪いこと相変わらずだねぇ。
「二重国籍問題」は、日本の政治家としての「資質」に関わる重大な問題なのに、皆知らん顔で、代表に選ぼうってことらしいが。(苦笑)

多分、「資質」という言葉(の意味)も知らないんだろうから、少し説明しよう。
その仕事をするに相応しい「人間的な特性」を言うんだよ。
極端なことを言えば、泥棒は、警察官になっちゃあいけないんだ。つまり、泥棒には、警察官になる「資質が無い」ってことだ。
まぁ、蓮舫氏が泥棒だって意味ではないが、党代表としての資格・資質が無いという点では同じだ。

日本国の政治を託される人物は、必ず、「(身も心も)日本人としての資格・特性」を持っていなければいけない!
それは、口先だけで、“私は日本人です!”と云えば済む問題ではないのだ。

例えば、“潜伏スパイ(スリーパー)”だって、問い詰められれば、必ず嘘を云うからだ...“私は、日本人だ!”ってね。
スパイでなくても、性悪連中なら、「東シナ海のガス田」や「尖閣諸島海域」みたいに、それはオレのもんだ!お前のものもオレのもんだ!って、平然と嘘をつく。それが、世の中ってモンだ!
それをそのまま信じるってのは、阿呆か無能者しかない。

[民進党員の資質?]
まぁ、今の場合、蓮舫氏の民進党内部での進退などは、どーでもいい!
だが、そんな党代表を選ぼうとする、“民進党員連中の資質”の方が、むしろ問題だと思う。
民進党の連中(の多く)には、日本国の国政を担う能力や資質が無い!からだ。
彼らは、単なる徒党を組んだ“私が!私が!”って叫ぶ“私欲・自欲満載”の連中だ。
民進党の国会議員達も同じ。

彼らは、私達日本国民皆の為に心を砕く...なんてことは、心の隅にも無いらしいもんな。
...“国民とは俺たちの事だ。一般庶民・市民なんて関係無ぇ!”だってさ。(苦笑)

だから、(本当の)私達日本一般庶民・市民は、自分達の手で、彼らを始末してやろうと決心しているのさ!
次の選挙では、国会議員の資格無し!として、民進党の議席を更に大幅に減らしてやろう!ってな。

我楽多苑別亭トップ]へ

posted by 亭主 at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月13日

左脳(偏)人連中?

opg09131.jpg毎日新聞・特集 (2016年9月13日)

この毎日新聞の記者・編集者達は、今更、何を寝ぼけたことを云い出しているのかね?(笑)
憲法改正の号砲」など、とっくの昔に鳴ったんだぜ!
それを聞いて、私達一般庶民・市民皆が、そろそろと動き出して来て、その数がやがて2/3を超えようかというのが、今なんだぜ!
毎日新聞の記者は、今頃、やっとその号砲が聞こえたのかや?...ほんと、ドン(鈍)だねぇ!(嘲笑)
なのに、これか?
記事曰く、
...だが、その前に、いや今こそ、立ち止まって考えるべきことがあるのではないか。江畑佳明

この期に及んでも、また立ち止まるのかね?
今まで、随分ゆっくり考え込んで来たのに、その上、まだ考える振りをしながら居眠りしていたいのかな?(苦笑)

[怠惰人間に勧めたい書籍・本]
毎日新聞の記者・編集者達に、一度、こういう本を読んでみる事を勧めるね。

3分で右脳が目覚める3分で右脳が目覚める 中谷彰宏著 三笠書房 2003年2月発行 ¥1,200+税』

これを読んで、自分達は、どれほど左脳(偏)人かをじっくりと考えるがよろしかろう!
この本の中で、こんな節がある。
・・・『右脳人は、やりたいことに2番が無い。左脳人は、1番2番で行ったり来たりする。』

つまり、毎日新聞の記者・編集者達のような輩は、何時までも1番だ2番だと議論ばかりして、無駄な毎日を過ごしているってわけだ。(ちったあ、反省しろや!)

また、本にはこんな説明も有る。
・・・『左脳には決断する能力はありません。決断する能力があるのは、右脳です。決断は速くする以外にありません。ゆっくりとして決断はありえません。ゆっくりしているのは、永遠に保留をしているのと同じことです。左脳は「やめよう」とは言いません。「やめよう」というのもひとつの決断だからです。左脳は、決断せずに、「もうちょっと様子を見て、検討しよう」と言うのです。』

[言葉の上滑り満載]
この毎日新聞の記者・編集者達の“言葉遊び”は、まことに下手糞だ。
私達一般読者が読んでも、ちぐはぐだと思うぜ。
記事曰く、
...政党間の温度差はあるとはいえ、国会での議論は今後活発化しそうだ。だが、国民的な議論が盛り上がっているとは言い難いのではないか。

政党間の温度差」って何?...それに、どんな意味があるのかな?
「政党」って、この記事の後で出て来る「国会議員達の徒党・集団」のことだろ?
それらに温度差があったら、どうだって云いたいのかね?温度差や見解の違いなどあるのが、当然だろ?
だが、国民の2/3の意味は重いんだぜ!

で、「国民的な議論」って何?...一時、騒ぎ立てた(合コン集団?)日本版SEALDsのように、意味も無く騒いでデモをやる軽佻浮薄な連中が増えれば、“そら!国民的議論だ!”ってことにしたいのかな?(嘲笑)

[改憲の必要性]
日本国憲法の前文からして、現在の世界情勢に適合する機能・能力が無いんだぜ!
だから、前文や第二条や第九条などは、明日にでも改善しなければいけないんだ。
もっとしっかり、日本人種が、主体性を持った自主的な日本国造りをしながら、世界平和に寄与して行くぞ!って事を謳わねば、ダメなんだぜ!
まぁ、それはシナ・中国や北朝鮮の悪意ある挑発を、防ぐためにもだ!

この毎日新聞の記者・編集者達は、憲法の前文の日本語文章も読めなければ、その意味すら殆ど分かっていないのではないか?
前文に書いてあるような(これまで日本が享受して来た)平和は、実は、米国の核の傘に守られて来たからなんだぞ!
その傘が、そろそろ破れ掛け、米国も傘を差すのを止めようか?などという米国大統領候補まで出て来ているのが現状なんだぜ。
ところが、記事曰く、
...学習院大教授(憲法学)の青井未帆さんは云う...「憲法は、社会に安定をもたらす法秩序の要として、めったなことでは変えないと位置付けられているのが、大前提の考え方です。だから改憲の方向性が決まっていない今は『なぜ憲法を変えなければならないのか』『改憲の必要はない』といった議論がまず行われるのが筋。条文の検討はずっと後のことです」

[愚か者の転置理論?]
「物事の本末転倒」というのは、このことだ!
「日本国憲法」は、私達日本人お互いを守ると同時に、(敵意ある)諸外国からの悪意からも、私達日本国民を守らねばならない役目があるんだぞ!
憲法は変えてはいけないモノ?だから、世の中の情勢がどう危険になろうと、変えちゃだめ!なんて理屈は、本来成り立たないんだぜ!

何専門の学者か知らないが、本末転倒の屁理屈しか披瀝出来ないし、それで私達一般読者を少しでも感心させたり、納得させるだけの力量も無いってのは、学者のレベルも相当に落ちたもんだ。
この毎日新聞の記者・編集者達も、そんな愚かな意見を拝聴してくるしか能が無いのかね?

[評論家は左脳偏人?]
...政治評論家の森田実さんも「現行憲法で対応できない課題は、戦争以外には見当たりません」と、「理由なき改憲」に反対する。「基本的人権の尊重といった普遍的な価値を前提とする今の憲法に大きな不備はない。国民生活の向上のために必要な課題が生じれば、淡々と法整備を進めればいい」と訴える。 森田さんは今、国会議員に問いたいことがある。それは「議員としての見識と覚悟を持ち改憲に手を付けようとしているのか」という点だ。

今の国会議員達の資質を疑うのは、私達一般読者も同じだ。
特に、野党の連中などは、質が悪いこと著しい!
国会会議中に、カメラに向かってプラカードを掲げてみせるなど、国政を託せるだけの知性を持つ人間のやることか?!

それはそれとして、失礼だが、この森田氏の知能程度は、幼児以下ではないか?
何も起きなければ、現行憲法で十分間に合う!だって?(愚か!)
では、尋ねよう!
・・・先般、天皇陛下が、極く控えめに「生前退位」を望まれたのに、今の憲法では、“手も足も出せない”というではないか?
安倍首相は、苦肉の策を設定しているようだが、それで何とか凌げれば良いがな。

森田氏は、その話は知ってたかね?で、評論家としては、どう評論するのかね?
つまり、森田氏は、今の憲法で出来ることは出来るし、出来ないことはしないでおけばいい!って理屈だろ?(バカめ)
だから、出来ないことは何もしない幼児と同じか、それ以下だってことだ!(ちと乱暴な論ではあるが、間違ってはいない!)

[私達日本国民皆の保護を考えよ!]
この毎日新聞の記者・編集者達は、古い昔のプロパガンダ(か何かは知らんが)や古臭い憲法に、何時までもしがみ付いていてはいけない!
もっと、今の世の中の動きに合わせた、ダイナミックで、質の良い「日本国憲法」はどうあるべきか?を考えなさい!
憲法という枠は大切だが、中味が腐って来たら、それらは入替えねばいけないんだぞ!
それぐらいは分かると思うが、「出来ない!しちゃあいけない!あれはダメ!これもダメ!」ばかり云ってると、世の中から取り残されてしまうぜ!
まぁ、私達一般読者は、(記事が面黒い/面白いから)見捨てないけどな!(大笑)

我楽多苑別亭トップ]へ

posted by 亭主 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月10日

皆に拍手を贈る!

産経ニュース 2016年9月9日産経ニュース (2016年9月9日)

マリオ役に安倍首相を推薦した、森喜朗氏に拍手を贈りたい!
そういった発想が出来るってことは、今の時代が読めているってことだし、日本に好意的な眼を向けさせる手法も心得ているってことだ。
また、その話を、多分二つ返事で受けただろう安倍首相にも拍手だ!
そして、あれを演出したプロの方達にも、拍手を贈る!

昨今の政治は、兎に角、パフォーマンスだから、ナンチャラ会議であろうが、オリンピックの閉会式であろうが、世界の耳目を集めてナンボだ!
それに、オリンピックが、どの程度世界平和に寄与するかは分からないが、少なくとも、各国が喧嘩や戦争をする機会を増やす場ではないことは確かだ。
北朝鮮のように、馬鹿みたいにミサイルなどを飛ばしての“幼稚危険なパフォーマンス”などは、世界からの反感を買うばかりだもんな!

関連ニュース見出し産経ニュース 関連記事]

幼稚と言えば、朝日新聞東京新聞の記者とかは、相変わらず、視野が狭くて書く内容が幼稚だ。(嘲笑)
産経ニュースの記事から、
...閉会式の東京パフォーマンスにまたも左翼メディアがかみついた…朝日記者「安倍マリオに違和感東京記者「メルトスルー想起」

...んだそうな。(苦笑)
まぁ、報道者(新聞記者)として、“違和感だとか、想起なんて、個人的な劣感情だけ”を記事するってことは、将に素人芸人的で、どれほど自分達の職業的価値を下げているのかが分かっていないらしい。
幾ら、彼らが、“新聞記者でござい!”って云っても、実際には、プロ意識なんて欠片も無い“日雇いのバイト記者”なんだろうなと思ってしまう。(苦笑)
以前、会見で号泣していた元兵庫県県議が居たが、彼みたいに、県議の仕事は、日当をくすねることだと思って居たようだが、あれと同じだな。

私達一般読者が考える報道者ってのは、「一体、その事件が周り全体に、どんな効果を及ぼしたか?」と、広い視野で、大所高所から報道するのが仕事・役目だろうと思っているのだが...朝日記者東京記者は、違うらしい?
自分達の“近視眼的愚感”を書けば足ると思ってる?(オソマツ!)

[日本国首相の役割]
あれ以降、(G20だっけ?で)他国のある人物から、「安倍マリオ」の話題で自分の息子と会話が再開出来た!と話し掛けられたそうだ。
今まで日本国の首相が、仕事以外のことで、他国要人から積極的に話し掛けられたことって数少ないのではないかな?

私達一般日本庶民・市民は、国際的な会合の場での日本の首相を、借りて来た猫のように大人しく、皆の間に挟まって、薄ら笑いしか浮かべられない無様な姿でしか見たことがなかった。
喩えれば、こうした記事を書く、朝日新聞東京新聞の記者達の“卑屈な姿”にも似ていたような気がするが。

[新聞記者達への提案]
ひとつ、朝日記者東京記者達に提言したい。
そんなにみみっちく卑屈にならず、自分の記事を、出来たら世界の人達にも読ませたい!と思ってみないか?
そうすれば、胸を張った、内容豊かな記事を書きたくなるだろう?!
日本国内の読者にも、ついでに読ませる/読んで貰うつもりで書きなさい!
(もし、そうした記事が書けないなら、やはりあんたたちは、やっつけ仕事しか出来ない「日雇いバイト記者」に過ぎないってことになるんだぜ)

我楽多苑別亭トップ]へ

posted by 亭主 at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月06日

西洋ボケ?!

東京新聞 (2016年9月6日)東京新聞 (2016年9月6日)

いやぁ、この東京新聞の論説委員か何かは知らないが、私達日本の一般読者・一般人のお手本となるような日本人らしい独自の「思考方法」や「思想」なんてのが、一欠片も無くなってんだねぇ。

だもんで、やたら、他国(特に日本人とは違った人種)の人間達や国の話ばかりを持ち出して来てるってわけだ。(嘲笑)
そろそろ、(そんな下らない、とは言わないが、)欧米崇拝主義は、止められないのかね?

今まで、借り物だった日本国憲法を、これまで便利に使わせて貰ったけど、今改めて考え直そうって云うんだろ?!
だったら、何も欧米がどうたらこうたらって話じゃあないだろ?
それって、自国の(新しい)憲法を考える人間にしたら、あまりにも、卑屈に過ぎないかね。
この論説委員ならそれでいいのかもしれないが、私達一般日本人は、そんなの、やだね!

欧米の話をするのは、対外交渉・外交問題や係争問題が絡んで来る場合だけでいいんだぜ。
むしろ、そこんところが重要でもあるんだがな。

まぁ、この論説委員(?)なら、そんな欧米の真似ばかりでも平気なんだろうけど。
私達一般日本人にしてみりゃ、西洋カブレを、何時までも引き摺っているなんて格好の悪いことは、そろそろ止めたいと思ってるんだ。
いいアイデアなら買って来るか、必要なら黙って盗んで来りゃいいんだ!
何時まで経っても、“これ舶来品なんだぜ!”って自慢してるようじゃあ、先ぁ痴れてる!(失笑)

それに、何でも他人任せ、他国任せで、全部他人や他国にやって貰って、自分だけはいい子/国で居たいっていうズルイ怠慢人間にはなりたくないからね。
この論説委員は、「日本人の基本思想」まで“他国/他人からの借り物”にしたい様子だが、私達一般日本人は、やってられないよ!

[日本人の基本思想]
ずっと昔から、日本人が信奉して来て、伝統があるのは、『以和為貴』だろ?
其処では、互いの競合力・喧嘩力だけ。それを、“調和させよう”ってことだ。
そして、現実には、それがなかなか難しいことだってのも、お互いによく知っているだろ?
なぜ、そんな思想を活かさないんだ?...何が、ドイツ憲法だ?何が人間の尊厳だ?何が民主的だ?

そんな、よく分かりもしないヘンな言葉より、もっと日本人に合う言葉や考え方を、何故使わない?
そして、それをどうやって実現して行くかを、日本人なりに一生懸命考えなさいよ!
あんちょこに、舶来品のコピペばかりしてると、自分の考え方なんて出来っこないんだぜ!

コピペの例、記事曰く、
...しかし九〇年、新たな憲法制定より統一を急ぐことを優先し、基本法を旧東ドイツ地域にも適用する手法を採った。
基本法の呼称のまま、国民に定着している。
改正には上下両院の三分の二以上の賛成が必要だが、日本と違って国民投票の必要はない。
国の根幹に関わったのは、軍創設と徴兵制導入に伴う五〇年代の改正、防衛や秩序維持など「非常事態」に対処するための六八年の改正だった。
冷戦の最前線にあった分断国家が必要に迫られてのものだった。
改正が許されない基本原則もある。基本法七九条は、人間の尊厳の不可侵、民主的な法治国家、国民主権、州による連邦主義などに触れることは許されていない、と規定している。
 いずれも、ヒトラー政権下で踏みにじられてきたものだ。ナチスのような暴政を繰り返すまいとの決意表明である。国是と言ってもいいだろう。


今更に、バカのひとつ覚えみたいに、ヒトラーやナチスなんかの話を持ち出して来て、この論説子は、一体誰の何を、どうしたいのやら?
そんなもので私達日本人の憲法に「色付け」しようなんて、そこらの愚者でもそんな阿呆なことは考えないと思うがな。(嘲笑)

この論説子は、大人のクセに、そんな事も分からないのかね?!
いや、既に、大人を通り越して、老人ボケの域に居るのかもしれないな。
憲法を考えるなら、もっと、若々しくて活力の有る人達に、やらせたまえ!
ボケ老人がやるべきことでは無い!

我楽多苑別亭トップ]へ

posted by 亭主 at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記